BOOKS / 出版物

Japan's Wooden Heritage

Japan's Wooden Heritage

A Journey Through a Thousand Years of Architecture

Fujimori Terunobu and Fujitsuka Mitsumasa
Translated by Hart Larrabee

Architecture

¥5,100

Published by JPIC | Paperback | ISBN 978-4-916055-82-8 | 204 pages | 257mm (h) x 182mm (w) | March 2017

About the Book

Japan's Wooden Heritage: A Journey Through a Thousand Years of Architecture brings together essays by architectural historian Fujimori Terunobu, photographs by Fujitsuka Mitsumasa, and commentary by structural engineer Koshihara Mikio that originally appeared in Kateigahō, Japan's premier magazine of art and culture, supplemented with additional essays by Fujitsuka Mitsumasa.
  What distinguishes this volume is its selection of 23 locations—including well-known temples and shrines but also lesser-known structures—to represent a broad scope of architectural styles, functions, and time periods; the outstanding photographs; and the distinct approaches taken by each of the three essayists.
   Fujimori engagingly illuminates where each building stands in the context of the evolution of Japanese architecture. Focusing on origins, he places each building in a deeper context beyond its superficial characteristics.
  Fujitsuka's essays describe his efforts to capture the essence of each site through his photography, recounting episodes from the shoots that give a visceral sense of being there. His photographs employ rarely seen camera angles and his particular sensitivity to light and shadow.
  Koshihara brings the perspective of a structural engineer to each building, describing distinctive construction methods and how they contribute to earthquake resistance.
  Filled with new discoveries for the reader, this book will appeal to anyone with an interest in Japan's architecture, history, and culture.

About the Author

FUJIMORI Terunobu

Born in Nagano prefecture in 1946, Fujimori is a professor emeritus at the University of Tokyo and director of the Edo-Tokyo Museum. He graduated from the Department of Architecture in the Faculty of Engineering at Tohoku University in 1971 and completed the doctoral course in architecture in the Graduate School of Engineering at the University of Tokyo in 1978.

FUJITSUKA Mitsumasa

Born in Tokyo in 1939, Fujitsuka graduated from the Tokyo Junior College of Photography in 1961. After working in the editorial department of the monthly magazine Interia: Japan Interior Design, he struck out on his own in 1965. At a time when architectural photography typically employed large-format cameras, he was one of the first to make full use of the 35mm camera to capture and compile architecture, environments, and art.

KOSHIHARA Mikio

Born in Chiba prefecture in 1968. Koshihara graduated from the Department of Architecture in the Faculty of Engineering at the University of Tokyo in 1992 and earned his doctorate in engineering from the Graduate School of Engineering at the University of Tokyo in 2001. After working at Structural Design Group (SDG) and as an associate professor at the Institute of Industrial Science (IIS), he assumed his position as professor at IIS in 2012.

内容紹介

『日本木造遺産 千年の建築を旅する』は、日本を代表するアート・カルチャー誌『家庭画報』で連載された建築史家・藤森照信と写真家・藤塚光政のエッセイおよび写真、構造工学者・腰原幹雄による解説をまとめたものである。

 本書では、さまざまな様式、役割、時代を象徴する23の建築が取り上げられている。誰もが知っている有名な寺や神社からあまり知られていない建造物まで含まれるが、迫力ある写真の数々や三人の著者独自のアプローチであざやかに描きだされている。

 建築史家である藤森は、個々の建物が「日本建築の発展」という文脈の中でどのように位置づけられるかを小気味良く描き出す。建築物の起源に想像力をはせ、表面的な特徴を超えた深い文脈で建物を紹介する。

 藤塚のエッセイでは、写真を通してそれぞれの建築の真髄をどうとらえようとしたかが語られる。その場にいるような臨場感あふれる写真は、めったに見ることができないカメラアングルが用いられ、彼の光と影に対する鋭敏な感性がいかんなく発揮されている。

 腰原は構造工学者の視点から、それぞれの建物の特徴的な工法とその耐震効果について精緻に解説している。

 新たな発見に満ちた本書。

日本の建築、歴史、文化に関心を持つすべての人々の心をとらえるだろう。

著者紹介

藤森照信   建築史家、建築家

1946年、長野県生まれ。東京大学名誉教授、東京都江戸東京博物館館長。1971年、東北大学工学部建築学科卒、1978年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。東京大学生産技術研究所教授、工学院大学建築学部教授を歴任。専門は明治以降の近代現代建築。丹念なフィールドワークと膨大な資料をもとに建築史を解き明かしていく「建築探偵」としての活動が幅広く共感を得る。赤瀬川原平らと路上観察学会を結成し、路上観察ブームを起こす。著書に『明治の東京計画』(岩波書店)、『建築探偵の冒険 東京篇』(筑摩書房)、『日本の近代建築』(岩波書店)、『丹下健三』(新建築社)など多数。 建築家としての主な仕事に《神長官守矢史料館》《秋野不矩美術館》《高過庵》などがあり、建築の起源に迫る独創的な建築作品は多岐にわたる。

---------------------------------------------------------------------

藤塚光政   写真家

1939年、東京生まれ。1961年、東京写真短期大学卒業後、月刊「インテリア」編集部に入社。1965年に独立し、写真家としてデビュー。大型カメラが主流の建築写真界で、早くから35ミリカメラを使い、建築、空間、アートを編集・撮影してきた。著書に『どうなってるの? 身近なテクノロジー』、『建築リフル』シリーズ、共著に『意地の都市住宅』(文・中原洋、ダイヤモンド社)、『現代の職人』(文・石山修武、晶文社)、『詠み人知らずのデザイン』(文・毛綱毅嚝、TOTO出版)、『藤森照信の特選美術館三昧』(TOTO出版)、『BRIDGE』(大野美代子作品集、鹿島出版会)、『木造仮設住宅群』(ポット出版)、『SENDAMAN 1000』(仙田満作品集、美術出版社)など。個展に「倉俣史朗 To be free 藤塚光政展」(ギャラリー夢のカタチ、2009年)、「Cazador」展(Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku、2014年)。「日本木造遺産展」(富士フイルムフォトサロン東京、2016年)。

---------------------------------------------------------------------

腰原幹雄   東京大学生産技術研究所 教授

1968年、千葉県生まれ。1992年、東京大学工学部建築学科卒業。2001年東京大学大学院博士課程修了、博士(工学)。構造設計集団〈SDG〉、生産技術研究所准教授を経て、1912年より現職。NPO法人 team Timberize理事長。構造の視点からさまざまな材料の可能性を追求している。著書に『都市木造のヴィジョンと技術』(オーム社)、『感覚と電卓でつくる現代木造住宅ガイド』(彰国社)。構造設計に《下馬の集合住宅》《幕張メッセペデストリアンブリッジ》《八幡浜市立日土小学校耐震改修》《油津運河夢見橋》《金沢エムビル》など。

Purchase

Print

JAPAN:

  • amazon.co.jp

Worldwide:

  • amazon
  • Kinokuniya

eBook

JAPAN:

  • amazon
  • kobo

Worldwide:

  • amazon
  • iBooks

Original Japanese Version / 原書情報

日本木造遺産 ―千年の建築を旅する

日本木造遺産 ―千年の建築を旅する

藤森照信、藤塚光政 著

世界文化社 刊

https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/14241.html