BOOKS / 出版物

Published Titles

Future Titles

The Sea of Japan

The Sea of Japan

Unraveling the Mystery of Its Hidden Depths

Gamo Toshitaka
Translated by Gen Del Raye

Future Titles / Science

To be published by JPIC | 978-4-86658-129-3 (Hardcover) | *** pages | 220mm (h) x 148mm (w) | November 2020

※Information for this title is still tentative and subject to change prior to publication

About the Book

Why is the Sea of Japan garnering the attention of oceanographers and nature lovers from around the world?
Among other surprises, the Sea of Japan has its own distinct water mass, internal circulation, and an "activation device" that operates only in winter.

Just 8000 years ago, the deep waters of the Sea of Japan were a "dead" zone. Now, they are a dynamic treasure trove of life. A 1000-m thick water mass hidden deep beneath its surface holds the key to this incredible transformation. How did this distinct water mass form? And how do the major changes occurring in the Sea of Japan foretell future environmental changes across the global ocean?

A leading oceanographer with 40 years of field experience reports this oceanographic detective story to reveal the amazing secrets of the "Mother Sea."

About the Author

GAMO Toshitaka

Gamo Toshitaka, University of Tokyo Professor Emeritus, has dedicated his career to developing and using new observation technologies for chemical oceanography, particularly studies on deep ocean circulation and seafloor hydrothermal activity.

内容紹介

わずか8000年前まで“死の海”だった日本海。生命の宝庫へと変貌した背景には、最下層にひそむ、厚さ1000メートルにおよぶ「謎の水」の存在があった。この海特有の海水は、なぜ生まれたのか? そして、環境変化を先取りする「ミニ海洋」の異名をもつこの海に、いま生じつつある大きな異変とは? 「母なる海」の知られざる姿を解き明かす、海洋科学ミステリー。


実は「謎だらけの海」だった!

独自の海水と循環構造をもち、厳寒の冬にだけ起動する“造水装置”をも備える。
調査航海歴40年の第一人者が謎解きに挑む。


なぜ、世界中の海洋学者が注目しているのか?

わずか8000年前まで“死の海”だった日本海。

生命の宝庫へと変貌した背景には、最下層にひそむ、厚さ1000メートルにおよぶ「謎の水」の存在があった。
この海特有の海水は、なぜ生まれたのか?

そして、環境変化を先取りする「ミニ海洋」の異名をもつこの海に、いま生じつつある大きな異変とは?

「母なる海」の知られざる姿を解き明かす、海洋科学ミステリー。

著者紹介

蒲生俊敬
一九五二年、長野県上田市生まれ。東京大学理学部化学科卒業。同大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。理学博士。東京大学海洋研究所助手、同助教授、北海道大学大学院理学研究科教授を経て、東京大学大気海洋研究所海洋化学部門教授。専門は化学海洋学。海水中に溶存する気体成分・放射性核種等を用いた海洋の深層循環や海底熱水活動に関する研究により、日本地球化学会賞・日本海洋学会賞・海洋化学学術賞(石橋賞)を受賞。研究船や潜水船によるフィールド調査をこよなく愛し、これまでの乗船日数は一七四〇日に及ぶ。著書に『海洋の科学』(日本放送出版協会)、『海洋地球化学』(講談社)など。

Original Japanese Edition / 原書情報

日本海 その深層で起こっていること

日本海 その深層で起こっていること

蒲生俊敬 著

講談社 刊

2016/02/19

https://bit.ly/3iTqIYa